樹木葬は葬儀で火葬を行った後の新しい埋葬形式

葬儀には火葬、そして埋葬には樹木葬

さまざまな形式

人間は万能の存在ではなく、あくまでも他の生物と同じように限りある生命の中で生きながらえている存在です。生誕した時からその天寿をまっとうするまでには様々な出来事がありますが、結局のところ最後は死んでしまうものです。
他の動物と同じように生き死にに左右される人間にですが、人間には死んでしまった時にその命を弔う風習が有ります。そこが、他の生物との違いであるといえるでしょう。

終わってしまった命を弔うこと、すなわち葬儀を行うに当たっては古来から様々な形式が生まれてきました。古くはそのまま地中に埋葬していたこともありますし、それ以降は棺を用意するようになったり、さまざまな文化の変化を経て現在の火葬を行う形に着地しています。
世界中の大半の地域が、儀式としての葬儀を行った後に火葬によってその遺体を灰にして、様々な埋葬方法を行うようになっているといえます。

ですから、火葬を始めとする葬儀を取り仕切るにあたって必要なことを一任されることを生業としている葬儀社というものが生まれていますし、彼らに依頼することによって火葬まで全てを完結することが容易になります。
それが終わった後の埋葬方法としても世界各国様々な形式がありますが、こと日本においては霊園に埋葬することが主流であるといえるでしょう。
そして最近では霊園の中でも樹木葬と呼ばれる方法を取り入れるところが現れてきました。

樹木葬は、天然の樹木を墓標とするもの。樹木葬という名は言い得て妙であり、その内容を知ればその名前にも合点がいくことでしょう。
人間も自然の一部であるということを考えると、樹木葬はまさにそれにぴったり適合しているといえます。

オススメサイト

横浜にサービスが充実した葬儀会社があるんです:小島葬儀店

葬儀なら千葉の業者が全てサポートしてくれます:農協葬祭センター
埼玉で大切な人を見送る葬儀をするなら; E葬儀屋
悲しいお別れ。最後は遺族で火葬で見送ってあげませんか?|葬儀110番